かのやまさんのblog

お酒とかカメさんとか雑記とか

知能検査ってどうなんでしょう(その1)

f:id:kanoyama:20171016220557j:plain

 

  自分もすでに40ン歳、過去記事を見ていただければお判りいただけるとおり一人でウロウロしたりカメさんと語らったりするのは楽しくやっているのですが、他人とのコミュニケーションになると全く別人のようになってしまいます。

 

 気の利いたことが言えないだとか当たり障りのないことしか喋れないとかはまだよくて、少しでもテンパってしまうと一分前に頭の中にあった発想もリアクションもどこかに消えてしまいます。事前に何度かシミュレーションしていてもおんなじで、業務進捗のミーティングですら焦りながらワチャワチャ読み上げてしまって、自分の発言が終わった後は根を詰めに詰めたような感じでいつもぐったりしています。

 

  これだけだったら只のテンパりやすい人・・・それはそれで放っておけないかもしれませんが、まだ意思の疎通はできるわけです。問題なのは何らかのプロジェクトにあたって他人との意見を調整したりすり合わせたり、自分の頭で練り上げたことを話さなければならないとき。まあこれがとにかくダメダメなんです。 

 

 長く会社勤めをしていると、どんなにボチボチとやっていたって綿密なコミュニケーションをとる機会というのは増えてきて「行ってこい」では通用しなくなってくるからちゃんと意見を通すところは通したり、判らないところはしっかり詰めたりするべきなのですが、ほぼ相手の事情お構いなしに自分の思い付くことを出してしまうか、喉から文が出てこないかのどっちかになってしまうことがしょっちゅうなんです。前者はこっちから話をするときで、後者は相手から説明を求められたときになることが多いかな。

 

 最近は言葉が出ないどころか聞いた話の理解力も鈍ってきているようで、余計にガタピシした会話になってしまいます。そんな状態がしばらく続いていて、もしかしたら自分の能力に難があるんじゃないのかな?と気になりだしたのがいけませんでした。
いや、良かったのかな?
 
 ここでためしに、「コミュニケーション できない」でググってみてください。予測候補のド頭に「病気」と出てきますw

 
 はっきり言って、わざわざググるぐらいだから発達障害とか自閉症スペクトラム障害と呼ばれている状態についても色々情報を仕入れてるし、チェックテストなんかもしているわけです。で、あのチェックテストというのはやってみると多かれ少なかれ症状有りに当てはまるもんなんです。元気なときは「誰でもいくつかはあてはまるよ、血液型占いみたいなもんだ」で済ませることができるでしょうが、じじつコミュニケーションに難を生じている身としてはやっぱり気になる。霊験あらたかな壺とかを買わされるときの典型的な心理状態みたいですが、人生も折り返し地点、ここでいっぺん自分の頭の棚おろしみたいなこともしてもいいかなとも思い、しかしただのナマケモノだったらどうしようなどと情けない考えが頭をよぎったり・・・で、検査するかをしばらく悩んでいたのですが。
 

 

f:id:kanoyama:20171016220925p:plain


 きっかけは先日、社内向けのテキストで出てきたPDCAの話。改善するためにはまずは現状把握しないといけないわけで、悩んでいるよりまずはサイクル動かしてみましょうかと思い至ったわけです。

 

 というわけで、先日メンタルクリニックで知能検査を受けてきました。
 

 どんなことをしたか、これも調べれば大体見つけられるような話なんですが、近日中に書いて行こうと思います。

燃料の色をした万年筆?(サファリ ぺトロール)

 

 大して更新頻度も高くない当ブログですが、テーマも定めず書いてるうちにカテゴリは少しずつ増えて現在16種類になっています。
 
 まあでも何かの趣味にテーマを絞ったブログであってもカテゴリーは増えうるわけで、例えば次回更新からこのブログが
 
【かのやまさんのウイスキーblog】
 
としてリニューアルしたとしても、シングルモルトが地方ごとにざっくり分けて5~10、それからスコッチ・アイリッシュ・バーボン・その他のアメリカン・カナダ・日本と主だったところを取り上げるだけで16種類なんて余裕でしょう。
 
 国産だってサントリー・ニッカ・キリン・イチローモルト・その他もろもろと分けられるし、最近は台湾やインドのウイスキーも入手できるし、さらにはボトラーズブランドなんていうほとんどオリジナル商品みたいなのもあるぐらいだから毎日飲み歩けばあっという間に30や50はカテゴリが作れてしまうわけです。で、そこまで充実させることができたら備忘録としても個人のブログとしてもちょっとは見れるものになるわけです。
 
 というようなことを考えながら自分のブログを見てみるとこれがまた適当に分類してまして。

 そもそも“雑記”と“日記”はほとんど同じじゃないのか?“埋め草”ってなんなんだ!“未分類”の記事が一つあるから見てみたら筋トレの記録じゃないか?!“筋トレ”のカテゴリーに入れろ!
 
 ・・・と、大概考えなしに書き散らかしてるっていうのが判ってしまいます。好き勝手に書いているわけですからイイといえばイイわけですが、折角分類してるわけですからちょっとは充実させたく思うのでした。
 
 で、だからいったい何?といいますと、久しぶりに万年筆を買ったから書いておこうという話で。
 

f:id:kanoyama:20170522235131j:plain


 皆さまお馴染みのラミーサファリさん、2017年限定モデルのぺトロールです。去年の暮ぐらいからポツポツと話題になっていて気になっていたのですが、先週末にやっと販売となりました。軸とキャップはマット仕上げの深緑色で、クリップとペン先は黒という渋めの配色です。カジュアルだけど落ち着いた雰囲気になっているのでお気に入りになりそうです。
 
 今お店で買うと同じ色のカートリッジが一箱サービスで付いてきます。限定カラーといっても1、2年の間はお店で買えることがあるサファリさんですが、カートリッジインクのおまけはいつまでついてくるのかは不明です。
 
 早速セットして書いてみると、こんな感じ。
 5月なのに暑いですね今年は。
 
f:id:kanoyama:20170522235021j:plain
 
 これまた渋いダークグリーンです。ブルーブラックとかボルドーのような彩度低めの色が好みなので、ペンもインクもどストライクです。ボトルインクも買っておこうかな…。
 

f:id:kanoyama:20170522235113j:plain

 
 去年発売のダークライラックと並べてみました。
 二年連続乗せられてしまっています。
 
 ところで、ぺトロールって何のことかと思って検索してみたらガソリンだの絵の具の溶き油だのばっかり上がってきて最初は何のことやらわからなかったのですが、ぺトロールブルーっていう色があるんですね。青といえば青だけど、光の具合によっては緑にも見えるような何とも表現しづらい味のある色です。色見本と見比べてみると、サファリの方はずいぶん濃い色ですが。
 
 でもなんでガソリンなのかよくわからなかったのですが、ググって出てきた画像を見ているうちによく似た色のドラム缶がふっと頭に浮かんできました。これはまるっきり憶測だけど、もしかしたら石油用のドラム缶とかタンクに使っていた色だったからガソリンを冠した名前になったのかも。
 
 

毎日変わり映えしないあの方のあれ問題

 2ちゃんねるやブログでたまに見かけるご意見として、サラリーマンは代わり映えしなくて平凡で退屈で、かったるい日々だなんて言われたりもするけれど、内勤ひと筋で役職無しっていうビジネスパーソンの郊外にチョコンと座っているような僕でさえも一年を通してみると仕事の内容はそれなりに多様性がありまして。
 
 春になれば人事異動、夏になればクールビズ、秋には防災関係のイベントが増え冬には年度末で己の評定に頭をひねったりしています。多忙な人であればなおさらで、一から十まで順風満帆にコトが進むというのはよっぽど段取りをしたとしてもそうそうあるもんではないのです。でも、そういった変動に対してガッツを燃やすか気配を感じるだけで低気圧の腰痛みたいに弱ってしまうかは個人差があるわけですが。
 
 しょっぱなからこんなことを書くと仕事観について何か書くのかと思われそうですが、ここまでは本題と全然ない前振りです(笑)
 
 むしろ帰宅後とか休日のプライベートの代わり映えのなさが深刻なんですよね。家に帰ってから寝るまでの過ごし方が、大体毎日同じになってきています。服を着替えて夕食を食べて、軽く運動して、ダラダラネットして、風呂に入って晩酌して寝る。
休日はこのパターンに加えて「昼食後用事がなければ近所をぶらつく」ていうオプションが付いてくるだけです。

そんな毎日をちょこっと楽しくしてくれるのは、この人。
 

f:id:kanoyama:20170514234751j:plain

 
 そうです、お久しぶりのカメさんです。
 
 サイドバーのTwitterを見てもらえればおわかりのように、ちょくちょく写真を撮ってはアップしています。「#リクガメ」とかいうハッシュタグも活用していてほとんど親馬鹿です。
 
 ところが、一年ぐらい写真を撮っているうちにここにも代わり映えのなさが侵攻してきました。ある朝カメさんにスマホを向けているときに気づいてしまったのです。
 
「アングルがほとんど同じじゃないか!」
 
 ケージが床置きになっているせいで上からのアングルが多いことと、接写しようと近づくと気配を察して首を引っ込めてしまうことからどうしても似たような写真しか取れないのです。
 
 もとから飛んだり跳ねたりするカメさんではないのでワンちゃん猫ちゃんのように躍動感たっぷりの写真は撮れないかもしれませんが、バリエーションはあった方が面白い。どうすれば首を引っ込められることなくいろんな角度の写真が撮れるか?と悩んでいたのですが…。
 
 ゴールデンウイーク前にパッ(゚∀゚)‼とひらめきました。あれを使えばいいんじゃないかあれを。というわけで思いついたら忘れないうちに実行です。こういうときだけは早い馬鹿野郎です。
 

f:id:kanoyama:20170514235139j:plain

 
 はい、100均で買ってきました。あれとはつまり自撮り棒。
 
 一定の距離を保ったままスマホだけ持っていける訳だから、考えてみたらおあつらえ向きの道具なわけです。自分を撮るため以外に使っちゃいけない訳じゃないからね。
スマホのセルフタイマーをセットして、時間が来るまでに位置取りをするタイプもありますがやっぱり便利なのは手元スイッチの方ですね。
 
 ニョキニョキと伸ばしてみます。
 

f:id:kanoyama:20170514235236j:plain


 ん?思ってたより短いかな?まあこの長さなら充分でしょう。
 では、さっそくスマホをセットしてカメさんのところに近づけて、カシャっと数枚。
 

f:id:kanoyama:20170514235450j:plain

 
ありゃ…。
 

f:id:kanoyama:20170514235504j:plain

 
ありゃ…。
 

f:id:kanoyama:20170514235517j:plain

 
 何度かチャレンジしてようやく横顔が取れました。しかしこれ、カメさん警戒モードに入ってます…(+_+)
 
 うーん、便利アイテムを使っても、やっぱりやすやすと思いどおりにはいかないもんですね。しばらく使ってベストショットをとれるように精進しないといけません。
 

【お酒】パスティス51 パスティスとかアブサンとか

 お酒を飲みだしたのがきっかり20歳になってからで、最初はビールとチューハイばっかりだったのがワイン・日本酒と手を出して、30を過ぎてウイスキー・スピリッツ・リキュールあたりの洋酒一般にドはまりして40overの壮年ざかり。寝酒を一杯摂ることがもはや生活習慣に組み込まれてしまいました。
 
 このブログでもお酒の記事をちょこちょこ挟ませてもらっていますが飲んだ酒すべてを逐一記録しているわけではなく、頻繁に飲まないお酒だから備忘録として残しとこうかという気持ちと他にいくつもレビューされているような有名どころはそこを読めばいいやというずぼらさと物珍しさでアクセスしてくれる人を期待する下心がないまぜになった結果、だいたいはあまり頻繁に飲まないようなお酒をチョイスしています。
 
 前おきはさておいて、今回のお酒はパスティス51。
 フランス産のリキュールです。
 

f:id:kanoyama:20170509224144j:plain

 
 ボトルに大きく51の数字がプリントされているから買ったときは度数51度のお酒とばっかり思っていたらそんなことはなく、も少し低めの45度。じゃあこの51は何のこと?と思って調べてみたらありました。
 
  要約すると、1940年にドイツ軍がフランス本土に侵攻してきたのですが一か月ほどであえなく降伏。その結果、時の政権は「酒ばっかり飲んでるからロクな抵抗もできなかったんじゃないの?」と考え16度以上の酒類の製造販売を禁止してしまったそうなんです。その後販売が解禁されたのが1951年になってから。つまり記念の51ってことだったんですね。
 

f:id:kanoyama:20170509224212j:plain

 
 グラスに注いだらこんな感じ。生のままだとウイスキーに近い色みです。
 このまま飲んでもいいけれど、アルコールも個性も強いお酒なので水割りで。
 パスティス発祥の地マルセイユでもポピュラーな飲み方です。
 

f:id:kanoyama:20170509224227j:plain

 
 水と混ぜると、この通り乳白色に変化します。
 白濁する理由はアブサンと同じで、アルコールに溶けだしていた成分(主に油分だそうです)が加水することで分離し、光を乱反射するからという説明があるのですが、飲むときにはそのあたりのウンチクにこだわらなくてもいいかなと思います。
 
 この点、アブサンもウンチクには事欠かないお酒で、詳しくはこちらを読んでいただければと思うのですが、例えば有名な飲み方として「グラスに入れたアブサンの上に角砂糖を乗せた専用の穴あきスプーンを置き、その上からウォータードリップで少しずつ水をたらして角砂糖が溶け切ったら完成」という優雅なものがあったりします。家飲みでこれを再現しようと思ったら大変ですよ。もちろん常備しているぐらいに愛飲していたら一通り道具を揃えるのは良いと思いますが、お試しで一本買ってみたっていうのであればコーヒーに入れるような具合に砂糖を直に放り込んでみるか、砂糖水を作って注ぐかすれば風味は充分再現できると思います。
 
 ちょっと話が逸れてしまいました。とにかく飲んでみます。
 ちびっと一口…。
 
 やっぱり独特な味ですね(*_*;)
 
 普段飲みなれないニガヨモギインパクトを強烈に感じます。でもこの味はどこかで飲んだようなような気がするな…何だったかな…思い出せないか…と、しばらく悩んでいたらピピっと思い出しました。あれだ、風邪ひいたときに飲む葛根湯!にミントの風味を加えて爽やかさを引いた味。
 
 なんだかアブサンパスティスを愛飲する人が読んだら怒られそうな表現ですね。でも美味しくない訳じゃないですよ。ここまで読んで「あー、マズそう」と思われたなら原因はほとんど私の味覚と表現力の至らなさによるものです。確かに強烈な癖を感じるお酒なので合わない人はどうしたって飲みきれないかもしれませんが、悪くないと思えるようだったらたまにでも飲みたくなるような「良いほうに強烈な」癖のあるお酒だと思います。
 
 ただ、バーでも家でも何杯か飲むかという場合、最初の一杯に飲むことはあんまりお勧めしません。存在感が強すぎて二杯目以降がかすんでしまいます。

 

 

パスティス51 45度 700ml

パスティス51 45度 700ml

 

 

 

ダイスキンでポチ袋

 毎日毎日あっという間に過ぎて行って、今年も早や残り2日!


 大阪は十二月に入っても暖かくてクリスマス前の22日に20℃を記録したりしたので、本当は十月なのに騙されてるんじゃないだろうかというような気分でクリスマスのイルミネーションを眺めてました。

 もちろん騙されているわけもなく、クリスマスイルミネーションが正月のお飾りになって、年内の仕事もおしまいになったぐらいのころからしっかり寒くなり、ただそれでも何となく年を超すぞというかしこまった気分には未だになり切れてはおりません。

 こちらの気分がかしこまっていようといまいと、年が明けたら親戚一同集まって、新年のご挨拶をして、食べて飲んでの三が日をすごすわけで、何が何でも正月気分にはなっちゃうんですけどね。

 

 で、お正月で親戚が集まったときのお約束がお年玉。子供にとっては年明け早々インパクトの大きいイベントだし、渡す方もそれなりに(主に懐への)インパクトが大きいものです。

 

 お年玉用のポチ袋を、いつもは11月ごろに早々と買っていたのですが、最初に書いたように年末気分ゼロのままボケーっと十二月最終週までいたもんだから昨日の仕事納めの帰り道に慌てて探すようなことになったのですが、Loftや東急ハンズで見繕っても、今年はなぜかこれだ!というデザインの袋がなくてさらにうろうろ。

 一時間以上迷っていい加減疲れてしまい、今年はポケモンGOにはまってたし、思い切ってピカチュウのポチ袋にしとこうかな…と考えたりしてたのですが、何となく立ち寄ったダイソーで、ようやくビビッ‼とくるものを見つけることができました。


 それがこちら。モレスキンならぬダイスキンのダイヤリーです。

 

f:id:kanoyama:20161230113822j:plain

 

 ダイスキン2冊と可愛いノートも何冊か、それとテープのりとリボン。一通りダイソーで買いそろえました。

 

f:id:kanoyama:20161230113718j:plain

 

 そして、最初のページに三つ折りにしたお札のサイズに合わせたあたりを取って…。

 10ページほど穴をあけて…。

 テープのりで貼りあわせて、底になる部分も5ページほど貼り重ねて…。

 

f:id:kanoyama:20161230113907j:plain

 

 貼った部分がしっかりくっついていたら、出来上がり。

 ポチ袋ならぬポチ手帳ケースの出来上がりです。

 

f:id:kanoyama:20161230113947j:plain

 

 ごらんの通り三つ折りの一万円札もジャストフィットです。実際は一万円なんか入れられないけど(;´∀`)
 何年ぐらい前だったか、モレスキンのノートをくりぬいて小物入れにしているユーザーというのを立ち読みで見たのを思い出したわけで、今更ブログにUPして俺のDIY!というほどでもないですが、やった方としては記録に残しておきたい気になるものなんで、暖かい目で見てやってください。

 

 くり抜くのも10ページぐらいだし、かなりお手軽に作れます。ちょっと余分にくりぬいても、底板を厚めに作ってごまかし修繕できるから安心です。

 

 一つ誤算だったのは意外とテープのりを使うこと。ていねいに貼ると一冊で一個使い切っちゃいます。

 

f:id:kanoyama:20161230114208j:plain

 

 ゴムバンドのない手帳もリボンで綴じて、準備はバッチリ。

 ちょっとしたサプライズみたいな感じでウケてくれたら気分よく2017年のスタートを切れそうです。スベったら…?いやいや、年末年始にまで悪いことは考えんとこ。

 

【2017年1月1日追記】

 好評でした。よかった~。