読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かのやまさんのblog

行き当たりばったりで書いている雑記ブログです。

熱い熱いお茶が怖い

 油断するとなんでも凶器になる。

 昨日、久々に紅茶が飲みたくなってティーバックを買ってきた。

 

 

 セイロン オレンジ ペコ・プリンス オブ ウェールズ・ダージリン・アール グレイ・レディ グレイの5種類がセットになっている。一つずつ説明を読んだ結果、「豊かな香りとコクの親しみやすい味わい」のセイロンオレンジペコをチョイス。 

 お湯を沸かしてマグカップに注ぎ、ティーバッグを入れて説明通りに1分半待つ。名前の通り柑橘系っぽい良い香りがする。これはよさそう。

 いつもはミルクを入れて飲むけれど、その前に何も入れずにお味をみよう・・・と思い、ずずっと一口すすろうとした。ところが、我ながら何のつもりかぬるい目のコーヒーを飲むときのようにクイッとやってしまい、勢い余って一気に口の中に流し込んでしまった。

 ギャー!

 電気ケトルで沸騰させて即カップに注いで一分半しか経っていない熱湯がダイレクトに口の中に放り込まれたわけで、飲みこむなんてとてもとても。ほとんど反射的に流しに吐き出し、水をがぶ飲みして口を冷やす。キッチンで立ち飲みしてたせめての幸いで、すぐに水を飲むことができたし、床に紅茶をまき散らすこともなく済んだ。

 

 すぐに吐き出したおかげで舌を火傷しただけで済んだけれど、えらい災難だった。無理して飲み込んでたら今日こんなのんきにブログを書いている場合じゃなくなっていたかもしれない。その後は舌をひりつかせながらぬるい紅茶を飲み、寝酒も飲まずに寝ることにした。

 

 日付変わって月曜日。昨夜の事故のことなんか忘れて仕事に励み、19時に帰宅。夕食のときに味噌汁を一口すするとまだ舌が痛い…。

 舌を火傷したことは何百回あるけれど丸一日経ってダメージが残っているなんてあまり記憶に残っていない。自分の舌は、味覚は無事に回復してくれるのだろうか。

 

 とりあえず、同じことを繰り返さないための予防策を書いて今日はおしまい。 

 ①熱々の紅茶をすすりたいときはマグカップを使わず、ティーカップにする。

 ②そもそも、お茶を飲むときは座ってゆっくり飲む。

広告を非表示にする