かのやまさんのblog

お酒とかカメさんとか雑記とか

配・信・停・止

15年ほど前auがまだセルラーだったころから携帯電話を使っている。そのときの電話はガラケーどころかほとんど通話専用のような端末で、確かメールは一度に128文字までしか送信できなかった。メールなのにTwitter以下である。それでも周りも同程度のスペックだったから当時は不自由しなかったわけだけど。

メールの発信能力は貧弱ながら、アドレスは好きなように設定することができた。契約したその日のうちにお仕着せの暗号みたいなのからオリジナルのメールアドレスを登録することになった。考えに考えて、自分の好きな言葉を英語にしたものをアドレスにしたのだが、結果不評を買う羽目になった。設定した部分だけでアルファベット+記号で18文字。携帯のボタンをポチポチ押して入力するのはずいぶん面倒なものだったし、悪いことに全部小文字だったから登録するのが一仕事になってしまう。・・・よく考えたら受信メールのアドレスをそのまま連絡先に登録できるような気もするが、みんなポチポチやっていたような覚えもある。その辺の記憶はもはやあいまいだ。

長いうえに意味の通った英語をアドレスにしたせいで歳をとるにしたがって使いづらいアドレスになってしまったのだけれどどんなものでも一つは良いところがある。結構な長さで記号交じりだとセキュリティパスワードとしては出来の良いものとなり、迷惑メールへの防御という点では上々なものだった。もちろん怪しいサイトにアドレスをさらすような真似もしていない。

10年以上携帯電話には敵襲がなく、平和な日々が続いていた。

しかしいつまでも鉄壁のままなどということもなく、3年前にとうとう迷惑メールがやってきた。架空請求、大金譲渡のご連絡、エロメール、定番のパターン一通りがローテーションで送られてきたのである。

最初のうちは1日10通ほどなので文面を見て笑っている余裕があったが、ひと月もしないうちに一日240通受信するようになった。パケット代もかかるし電池も減るし一通ずつ眺めている余裕もなくなる…そもそもパターンが同じなので飽きていた。そこで少し調べて迷惑メールフィルターを設定したところ効果はてきめん、最初の一週間で邪魔者は一日10通を切り、一ヶ月ほどするとぱったり来なくなった。業者は知らないがメールは駆逐することが出来たのである。

今日こんなことを書いているのは久しぶりに迷惑メールを一通受信したので少し思い出したから。巨乳っ娘のなんたらとかいうタイトルのエロメールだった。本文はほとんどなく、ずーっと下にスクロールすると“配_信_停_止”などというリンクがある。今日びこんな怪しいリンクを開くやつはどれぐらいいるんだろうか。早々にゴミ箱に送りこの件はこれでおしまい。

だったらいいんだけど、まさか240通/日の序曲じゃないだろうな。

広告を非表示にする